止まらない自殺の事件。

止まらない自殺の事件。

今日もまたテレビを見ていると自殺のニュースがありました。

ここ一ヶ月程ほとんど毎日ニュースで自殺の報道があります。

それ程何人もが自ら命を落としているのかと思うと、何だか複雑な気分になってしまいます。

最近ニュースで放送されている自殺と言えば、ほとんどはいじめが原因です。

一度ニュースでいじめ問題について大きく取り上げた瞬間、何故か自殺のニュースが増えてしまっています。

自殺があったと言う事実を伝える事はもちろん大切です。

それを隠していた学校側も今は大きく問題となっているからです。

伝えなければこのまま続いてしまうと考えての事だと思います。

しかし私は一つだけテレビで放送する欠点を発見しました。

テレビで放送をする事で「自殺は恐ろしい事」や「自殺なんてする物では無い」と思わせる事が出来るのであれば問題はありません。

しかし逆に「自殺をする勇気」を与えているのでは無いかと思ってしまいます。

いじめをしている側への警告と言う形にはなるのかもしれませんが…。

実際いじめを無くすきっかけはいじめを受けている本人にしか作れないのだと思います。

いじめを辞めるように学校側から支持があったとしても、結局直接いじめが無くなるだけでその生徒は一人のままになります。

ここまで大きく問題となってしまっては、今更歩み寄ろうとする人間は少ないのではないかと思ってしまいますね。

私が学生の頃にもいじめ問題は確かにありましたが…。

いじめが終わった後にその生徒が明るくなったとは言えません。

ただ周りが知らないフリをしているだけなのだと思います。

結局は周りから注意をするのでは無く、本人に立ち向かう意思を与える他に方法は無いのではないかと私は考えています。

本人に直接どう呼びかけるか、それはテレビでは不可能な事です。

テレビで自殺のニュースを見て「自分にも出来る」と思ってしまっては、全くの逆効果になります。

自殺を行う勇気があるのであれば、立ち向かう勇気も必ず存在するはずです。

自分で自分の命を絶つ事程、勇気のいる事は無いと思いますね。

さすがにここまで事件が続くのであれば、何か他に対策を考えた方が良いのでは無いかと思ってしまいます。

婚活パーティー 名古屋

コインランドリーがない

一日中雨という日は少ないのですが、ゲリラ的に雨が降ることが最近かなり多いです。これで洗濯物がかなりの数やられてしまいます。もう一度洗濯をしなおす羽目になります。

タイミングがうまいこと外れてしまうと、洗濯物が溜まりにたまってしまうことがあります。そんなときコインランドリーを使いたいのですが、近所にひとつもないのです。

ひとつくらいあってもいいだろうとおもうのですが、まあ見事に半径2キロ圏内にないのです。

そういえば近所には銭湯すらありません。銭湯があれば隣にコインランドリーが併設されていることが多いですよね。銭湯も探しましたが、まったくないのです。

引っ越してきてもうすぐ半年になりますが、こんな町は初めてです。家にお風呂がない、という建物がないのでしょうか。もしあれば、銭湯がないと困りますよね。

家の裏の筋に古い土壁のようなアパートがありますが、そこですらお風呂はあるようでした。

需要がなければなくなるのが常ですが、それでも銭湯くらいひとつはあるものです。もう担い手がいなくなっているのかもしれませんね。そう儲かるものでもないでしょう。

毎日きてくれる人がいて成り立つ商売です。にわかに「たまには銭湯にでも入りたいな」といって来る客だけでは、銭湯なんてやってられないのかもしれませんね。

難しい商売ではあるでしょうが、まったくないと困る人がいるだけに、存続するというのは社会的役割でもあるのかなと思います。

それはさておき、乾燥機を探さないともうやばいという事態に陥ったので、お隣さんに聞いてかなり離れたコインランドリーまで行くことにしました。

自転車で15分以上かかるところです。そこまで行くなら、わざわざ帰ってくるのは面倒ですよね。漫画や小説をカバンに詰め込んで、洗濯物と共に出発しました。

現地につくと、蛍光灯が切れ掛かって蛾がパチパチと音を鳴らしているようなくらーいランドリーでした。

こんなところの乾燥機なんてあまり使いたくないなあと思いつつ扉を開けると、若干妙なニオイがします。カビくさいというかなんというか、ずっと使っていない匂いです。

そもそもそこにお店があることすらあまり知られていないようなランドリーだったので、本当に久しぶりなのかもしれません。私はひとまず帰ることにしました。

乾燥機を使ってニオイがつくなどということになったら、恐らくへこんでしまいます。また情報を集めて探していきたいと思います。